イベント・ワークショップ

子供の漆絵・金継ぎ講座~漆絵で書いたペーパーウエイトを使って、メッセージを伝えよう~

子供の漆絵・金継ぎ講座~漆絵で書いたペーパーウエイトを使って、メッセージを伝えよう~
※こちらのイベントは終了いたしました
破損してしまった陶磁器を漆で接着し、接着部分を金で装飾して仕上げる日本古来の修復技術、【金継ぎ】。
 
昔から受け継がれてきた、モノを大切に使っていくための技術【金継ぎ】を、
お子様も楽しく体験できる講座を開催いたします。
 
当日は2つの作品で体験していただきます。
 
①漆絵
那智黒石に漆を塗り、金、銀、赤、黒でなどお好きな絵や文字を書き、ペーパーウェイトをつくります。
※一部下書きしたものも用意しております。
 
②金継ぎ
小さな欠けのある皿をパテと合成漆(かぶれない漆)で直し、金・銀でその部分をカバーします。
※欠けた器はこちらで用意いたします。
 
【当日の持ち物】
洗濯ばさみ3~5個
エプロン
手拭タオル
 
※小学生以上が対象となります。
 
講師プロフィール
 
●鈴木光 
 
1999年12月2日生 17歳
2011年11歳から金継ぎを学び始め、技術鍛錬に励む一方で水彩画や他芸術にも親しみ、数々の美術コンクールで受賞。
伊藤和江氏主宰の金継ぎ展覧会「あ・そ・び」展のDM用絵画を手がける。
 
【入賞歴】
2013年 第11回かながわ・よこはまこどもアート大賞  佳作
2014年 第25回読書感想画中央コンクール 優秀賞
2015年 第27回全日本高校デザインイラスト展 東日本地区賞
など
 
●伊藤和江
 
金継ぎ講師 プロデューサー フードコーディネーター
 
マカオ政府観光局から外資系ホテルのロビーフロア担当の
トレーニングマネジャーを経て「食の道に」2001年東京
表参道に玄米を中心とした自然食の食事処「Kuh」を開店
日本の伝統の「食」に関する考え方をベースに食を通じて
高まった器の関心から日本の伝統金継ぎの再現、持ち前の旺盛な
好奇心と探究心から伝統の金継ぎを現代的にアレンジした
シンプルな技法から本格的な手法に斬新な発想とアート感覚を
加えた現代的な修復法で「自分発見」も楽しむ喜びを広く伝える

 

 

開催日時 4月29日(土・祝) ①12:00~13:30 ②14:30~16:00
開催場所 HANDS EXPO 東急プラザ銀座店
参加費・条件 チケット代 4,000円(税込) 事前に入場券が必要です。 こちらのイベントはHANDS EXPO店頭およびお電話(03-3572-2320)で受付いたします。
定員 12名
受付場所 HANDS EXPO店頭
詳細説明
備考 【当日の持ち物】 洗濯ばさみ3~5個、エプロン、手拭タオル
ページトップへ戻る
ハンズエキスポ TOP

ハマる、ハンズ。 ハンズエキスポへようこそ

HANDS EXPO

公式facebookページ

東急ハンズ